SANKEN Semiconductors

外 観

 

全体のイラスト

 

上 面( 部品面 )

 

下面(半田面 )

概 要

MEMSマイク、ボリューム、LEDを搭載したリーフです。MEMSマイクとボリュームはアナログ入力ピン、LEDはデジタル出力ピンでMCUリーフと接続されます。低消費電力を実現するのためI2C Expander を制御することにより電源をロードスイッチによりオフすることが可能です。

ブロック図

  • 表示・操作
    • LED 6pcs
  • 入出力
    • ポテンショメータ
  • 電 源
    • 3.3V( 入力 )

コネクタ・ピンアサイン

 

  • 注 記
    • 上面(部品面)を上から見て左側から DS505,・・・,DS500 の順です。。
    • I2Cはプルアップしていません。
    • *1:Vol.(ポテンショメータ)は、リーフのチップ抵抗の付け替えでA3/F12に代わり、A0/F6を使用することが可能です。
    • *2:MEMS マイクロフォンは、A2/F10に代わり、リーフのチップ抵抗の付け替えでA3/F12を使用することが可能です。
    • MEMS マイクロフォン、ボリューム(ポテンショメータ)、LEDは、I2Cエクスパンダを制御してロードスイッチにより電源をオフできます。
Name Function
A2 マイク出力信号(アナログ) チップ抵抗の付け替えでA3に設定可能
A3 ボリューム出力信号(アナログ) チップ抵抗の付け替えでA0に設定可能
D6 LED駆動1 / DS500
D7 LED駆動2 / DS501
D8 LED駆動3 / DS502
D9 LED駆動4 / DS503
D10 LED駆動5 / DS504
D11 LED駆動6 / DS505
SDA I2C:SDA / データ
SCL I2C:SCL / クロック
3V3 3.3V入力
GND GND

技術資料

技術資料は必要により更新をおこなっています。GitHub(*)内のドキュメントにリンクしている場合があります。GitHub内でドキュメントを閲覧、ダウンロードすることができます。GitHub内のドキュメントはトリリオンノード研究会が管理しています。

*: 開発者のためのプラットフォームです。開発のためのドキュメントの保管や共有ができるサイトです。

 ( https://github.co.jp/

リーフ 一覧

●:取扱中 / △:近日取扱予定
型 番 名 称 状 況
  AP01A AVR MCU ● B-kit
  AP02A ESP32 MCU △ 32-kit
AC02A BLE Sugar ● B-kit
AC03A LoRa Easy
AZ01A USB ● B-kit
AI01A 4-Sensors ● B-kit
AI02A SP & PIR ● E-kit
AI03A MIC & VR & LED ● E-kit
AI04A LCD ● B-kit
AZ02A RTC & microSD ● 32-kit
AV01A CR2032 ● B-kit
AV02A CR2450
AV03A AA BAT ● E-kit
AV04A 2V~4.5V △ 32-kit
AX06A Grove & 5V ● E-kit
AX01A Shield ● E-kit
AX02A 29pin ● B-kit
AX08A 29pin header △ 32-kit
AX05A I Meas. ● E-kit
AX07A Back to back △ 32-kit
AX04A Spacer
AX03A Leaf ×2
AZ61A Connector
AZ62A Connector Cover
AZ63A Nut Plate
AZ64A Upper case ● B-kit
AZ65A Lower case ● B-kit

 

キット 一覧

型 番 状 況
Basic Kit A1.0 ● B-kit
  ESP32 Wi-Fi Kit A1.0 △ 32-kit
  Extension Kit A1.0 ● E-kit
  Conector A1.0
  Nut Plate & Connector Cover A1.0

 

B-kit :Basic Kit A1.0
32-kit :ESP32 Wi-Fi Kit A1.0
E-kit :Extension Kit A1.0

 

ご購入

  • ・Connector Coverは付属していません。
  • ・kit 以外に leaf(ボード単体)でも購入できます。
  • こちらから購入できます。
  • ・ ご案内は当社通販サイト sample-boxをご覧下さい。

 

 

ご注意

  • ・ リンク先には外部の資料やWebページがあります。
  • ・ トリリオンノード研究会やLEAFONY SYSTEMS社の資料との相違があった場合は、そちらの記載内容が優先します。
  • ・ リンク先の都合により内容が異なっていたり、リンク切れの場合があります。その場合はご連絡頂ければ幸いです。

 

ページの終了